クライストチャーチローカルが選んだ観光スポット5選

「クライストチャーチに住むローカルが日本から来た友人・家族を連れて行きたい場所」を一つの切り口にぜひ訪れたい観光スポットを5つ選びました。 この記事はCBNが作った「暮らしの便利帳」とコラボしています。ここに掲載した選りすぐりの観光スポットから、特にオススメの場所を更に絞り込んで5つご紹介しています。ぜひ便利帳を見ながら読んでください。 1:Transitional Cathedral/トランジショナルカセドラル 一つ目はトランジショナルカセドラル。クライストチャーチの大聖堂(カセドラル/Cathedral)は2011年のクライストチャーチ地震で大きなダメージを受け、いまで修復の最中です。 地震の被害で街のシンボルを失ったクライストチャーチに日本人建築家の坂茂さんが協力、仮の大聖堂として建設されました。 1-1:カセドラルの基本情報 開館時間:9am-5pm 入場料:無料ですが、寄付は募集しています。ぜひご協力を。 中は自由に見学ができますが、現役の教会でもあります。脱帽にてお静かに見学されることを強くお勧めします。またお祈りや聖歌隊のサービス(ミサ)の最中は邪魔をしないようにご注意ください。 1-2:カードボード(段ボール)で出来た教会です。 前述のように街のシンボルを失ったクライストチャーチ市民に対し、日本人建築家の坂茂さんが設計・協力され、紙で出来た聖堂として完成しました。当初は紙製ということに余り想像力が働かず少なからず戸惑いもあったようですが、いざ完成してみると紙製のイメージを遥かに超えており、観光客だけでなく市民もその存在を楽しんでいます。 2:クライストチャーチトラム 二つ目は街の中心部を走っているトラムをご紹介します。 2-1:トラムの基本情報 運行路線:全長3.9kmの周回コースで、全部で17の停車場所があります。 運行時間:だいたい15~20分間隔で夏は9am-6pm、冬は10am-5pmの間、毎日運航 乗車料金:は大人一人25ドル、15歳以下の子供は大人一人につき3人まで無料。乗車券一日の乗り放題です。(一回券はありません。) 停車場所1番のカセドラルジャンクション、またWebサイトからでもチケットを購入できます。 2-2:トラムを休憩所の代わりに使ってみよう 乗り放題で$25なので一度しか乗らないと高く感じるかも。なのでまずその日の一番最初にチケットを買うことがお勧め。周回コースなのでそのまま一度ぐるっと回って面白スポットをチェックした後、お目当てのスポットに行ってみるのも良いかも。また乗り放題なので休憩場所として使うこともオススメです。ぐるぐる回るコースなので、必ず乗ったところに戻りますし、椅子もあるのでホッと一息。子供は車窓からの流れる景色で飽きずに乗ることができます。カフェでテイクアウトのコーヒーを買ってトラムに乗って一服するのも良いアイデア。(でも禁煙なのでご注意ください。) 2-3:夜はレストランに 食堂車を使ったレストランとしての運行もあります。必ず予約が必要でこの時には、予約者以外は乗れません。 運行時間:冬は7時、夏は7時30分にカセドラルジャンクションを出発で毎日運行。 夜の街並みを眺めながらの食事は普通のレストランと違った楽しみがあります。予約や運行地図といった事はぜひ便利帳(13ページ、観光スポット、リンクの掲載あり)のリンクから。 3:ウイローバンクワイルドライフリザーブ 次にご紹介するのはウイローバンク、ここは動物公園なんですが、特にニュージーランドの代名詞にもなっているキウイ(Kiwi)の繁殖に力を入れていることで全国に知られています。 3-1:ウイローバンクの基本情報 営業時間は10月 - 4月 09:30-19.00-、5月 - 9月 09:30-17:00、クリスマスは閉園です。入場料のみ 大人 $29.50、子供 (5-14歳) $12 行き方 公共バスだと 107番のバスが通ります。interchange (中心部のバスターミナル)からだと途中で乗り換えが必要です。便利帳に載っているMetro(3ページ、公共機関、リンクの掲載あり)には時刻表やバスのルートなどが一体化したJourney Plannerという便利なツールがあるのでぜひ使ってみてください。 3-2:キウイを見るならここ ウイローバンクにはKiwi Houseと呼ばれる昼夜を逆にした建物があり、この中ならほぼ確実に夜行性であるKiwiを見ることが出来ます。また建物外の区切られたスペースにキウイが放し飼いにされているので、相当運が良ければ目の前をKiwiが走り抜けていくことも。ここで飼われている数はニュージーランドの施設でも格段に多いので見逃すことは少ないと思います。 3-3:キウイ以外の動物たち その他のおすすめはニュージーランドのファームの動物たちと鳥類の展示。実際に農場で飼われている数々の動物を見るといかにニュージラーンドが農業王国かを実感できるのではないでしょうか。また人間が入ってくるまでこの国は鳥の楽園でした。そんなニュー―ジーランドとの鳥たちを直接観察することが出来ます。 4:カンタベリー博物館 街中に位置するカンタベリー博物館、街中に宿泊しているなら歩きで気軽に行けるおすすめのスポットです。 4-1:カンタベリー博物館の基本情報 営業時間:9:00 am-5:00 pm 入場料:無料 (入口に寄付を募る箱があるのでぜひお願いします。) 場所:Rolleston Ave、植物公園のすぐ隣でトラムの停車場が近くにあります。 4-2:どんな展示が? 一般的なニュージーランドの歴史やその成り立ちはもちろんですが、鳥の楽園であるニュージーランドの鳥たちの展示は是非、見ていただきたい内容の一つ。またクライストチャーチの古い町並みを再現した展示や古き良き街並みを見ることが出来る写真などもオススメです。特別展示なども行うとこがあるのでWebサイトをチェックしてください。(便利帳の13ページ、観光スポット、リンクの掲載あり) 5:パンティングオンエイボン クライストチャーチの街中を流れるエイボン川。ここをパンターと呼ばれる漕ぎ手が動かすパント(川船)に乗って優雅に川遊びを楽しみます。 5-1:パンティングオンエイボン基本情報 営業時間:9am-6pm(10月ー3月) 10am-4pm(4月―9月) 運行時間:一回 30分くらい。 料金:大人30ドル 子供(5-15歳)15ドル カンタベリー博物館に向かって右手の方に5分ほど歩くと乗り場があります。込み合う時期はインターネットを通して予約をした方がよいでしょう。(便利帳13ページ、観光スポットの欄、リンクの掲載あり) またひざ掛け用の毛布は用意があります。 5-2:誰でも楽しめるアトラクション ガーデンシティ、クライストチャーチらしいアトラクションと言えるのでは。老若男女、大人、子供に関わらず楽しめると思います。川の上から眺めるクライストチャーチの街並みは歩いてみる目線とはまったく違います。 これら以外にもローカル目線の、お役立ち情報がリストされた暮らしの便利帳は下記からダウンロードして下さい。
Read More
クライストチャーチローカルが選んだ観光スポット5選

クライストチャーチトラム/暮らしの便利帳から=観光編=

CBNの作った暮らしの便利帳では観光ポイントをいくつか掲載しています。このリスティングのポイントの一つは「クライストチャーチローカルが日本から来た友人・家族を連れて行きたい場所」です。そんな選りすぐりの観光スポットのうち、今回はクライストチャーチトラムにフォーカスしてご紹介したいと思います。 昔は市民の重要な足 昔のトラム最盛期の路線図 By Matthew25187 at en.wikipedia, CC BY-SA 3.0, Link 今でこそ市内をバスが走っていますが、昔は市民の重要な交通機関でした。丁度、現代のトラムの停車駅の近くにあるカンタベリー博物館にはその頃の写真もあり往時を偲ぶことができます。実際の市民の足としての役割は実は1954年の廃止をもって終わっています。 その後、観光用として1995年に復活、2011年には地震で大きなダメージを受けましたが、それを乗り越え2013年11月再開、再び観光客を楽しませるアトラクションとして親しまれています。 観光用としての復活したトラム 路線は全長3.9kmの周回コースで、全部で17の停車場所、だいたい15~20分間隔で夏は9am-6pm、冬は10am-5pmの間、毎日運航しています。乗車料金は大人一人25ドル、15歳以下の子供は大人一人につき3人まで無料になっています。乗車券は一回限りではなく、一日の乗り放題乗車券になっています。(一回券はありません。) 停車場所1番のカセドラルジャンクションにあるインフォメーションでもWebサイトからでもチケットを買うことができます。一日乗り放題で$25、もし一度しか乗らないとちょっと高く感じるかもしれません。なのでまずその日の一番最初にチケットを買うことをお勧めします。周回コースなのでそのまま一度ぐるっと回って面白スポットをチェックした後、お目当てのスポットに行ってみるのも良いと思います。 賢いトラムの使い方/休憩所代わりに チケットは一日乗り放題なのでこれを有効に使わない手はありません。なので歩き回って疲れたら椅子のある休憩場所として使うこともオススメです。もしお子さん連れなら、子供には景色を見せ自分はホッと一息つくことができます。近くのカフェでテイクアウェイ(ニュージーランドはテイクアウトの事をこう言います。)のコーヒーを買って乗車、ゆっくり流れる景色を見ながらちょっと一休みなんてオツでばないでしょうか。それに周回コースなので必ず乗った位置に戻るので迷うこともありません。 夜はレストランになる トラムには食堂車の車両もあり夜はレストランとして運行しています。予約が必須で一般客は乗車できません。冬は7時、夏は7時30分にカセドラルジャンクションを出発、毎日運行しています。昼とは違った夜の街並みを眺めながらの食事は普通のレストランと違った楽しみがあります。繰り返しますが予約は必須です。 予約や運行地図といった事はぜトラムのWebサイトから。 トラムだけではない、ローカル目線の、お役立ち情報がリストされた暮らしの便利帳は下記からダウンロードして下さい。
Read More
クライストチャーチトラム/暮らしの便利帳から=観光編=

ニュージーランドで出来る習い事やお稽古事

ニュージーランドのクライストチャーチで活動しているCBNが作った暮らしの便利帳、掲載内容からピックアップして掲載した理由やもう少し詳しい案内を書いています。今回はクライストチャーチで出来るの色々な日本のお稽古や習い事について。 1:クライストチャーチで出来るお稽古事・習い事 クライストチャーチに住む日本人の中には多彩な才能を持った方多く、外国にいながら色々な日本の色々な習い事・お稽古事が出来ます。特に永住・ワークビザなどで長期間、住んでいる方にはぜひ一度、そのリストをご覧いただき、そのバラエティに驚いていただきたいと思います。もちろん、ニュージーランドで出来る習い事はもっとたくさんありますが、このリストは「日本・日本語」といったフィルターをかけたものです。また日本語教育に目を向けると、日本語補習校や日本語塾などもあります。 1-1:便利帳を覗いてみると お子さんの習い事として考えると、もちろんニュージーランドに住んでいるので日本の物にこだわる必要はまったく無いと思いますが、一方で「日本の文化に少しでも触れてさせてみたい」と言うのも親心だと思います。また大人になってから、「昔少し習っていたけれどもう一度やってみたい」、「なかなか経験する機会がなかったので試してみたい」などせっかくライフバランスの取れたニュージーランドに住んでいるので、余暇を楽しんで見ても良いのでは。 1-2:ご自身で教室を開いている方はぜひお知らせください。 もしご自身でこういった習い事、教室、塾などされている方で掲載ご希望の方はご遠慮なくお知らせください。情報として今のところは無料で次の版を出版時に掲載させていただきます。ご連絡はお問合せフォームからどうぞ。 クライストチャーチのローカル情報が集められた暮らしの便利帳は下記からダウンロードできます。
Read More
ニュージーランドで出来る習い事やお稽古事

CBNとの関わりや便利帳について/暮らしの便利帳、編集長に聞きました、その3

CBNが作った暮らしの便利帳はメンバーの村東みやこさんが編集責任者として作られました。村東さんはNew Zealand Classicの代表として日本からの車の輸入、またクラッシックカーの取引、輸出入などをされています。 村東さんの今の会社 今回のブログは、村東さんがニュージーランドに来て起業、現在に至るまでの経緯、CBNとのかかわりや便利帳が出来上がるまでの話をインタビュー形式で3回に分けておとどけします。 今回で最後になる3回目はCBNとの係りや便利帳を作った時の事を伺っています。 CBNとのかかわり。 新田: クライストチャーチでビジネスをする上で、CBNに入ったことは何かしら意味があった? 村東: 実は私の場合ものすごく役に立っています。海外から車を買う事って日本に住む日本人からすると物凄くハードルが高くなっています、胡散臭いとか、誰が車を売っているか見えないとか。今フェイスブックなど色々ありますが、ニュージーランド、クライストチャーチのCBNみたいに、信頼のある組織に属しています、そこで活動していますっていうことから信頼につながることが凄いと思います。私にとってはお客様の裾野を広げるというより、お客様の信頼度を上げるとために使わせてもらっています。 新田: それはいいよね。例えば日本から旅行手配を受けているとか、日本に住んでいる方と取引をする人がCBNに入っていると、多少はブランディングというか、 村東: そうですよね、人が見えてくる部分が凄くあると思います。こういう所に入っているなら「得体のしれない人では無い」みたいな。 新田: メンバーの方も、お互いの信用を崩さないように気をつけなきゃいけないね。 村東: 本当にそう思います。私はもしそういう人がいたら困るなって思います。今のところ完璧ですけどね。 便利帳の編集長として。 新田: 便利帳を作るって手を挙げてくれたじゃない。 村東: うん。 新田: で、ものすごく大変だったと思うけど。 村東: はい、頑張ってやり遂げました(笑)。 新田: それで、どんな点を苦労したって聞くのも申し訳ないんだけど・・・(笑) 村東: ねー、あれ何年掛かったんですか~って話ですね、はい。(笑)ちょっと時間がかかったので、その間に状況が変わるお店とかあったじゃないですか、動いたとか、無くなったとか、日本に帰っちゃったとか。そういうのも一つ一つ反映させるのも凄い手間が、ともかく手間がかかりました。あとレストラン以外は全部掲載許可を取りましたが、百社以上超えてくるので一個一個に確認などの細かい作業が大変。 新田: 最後の最後でデザイナーが変わるっていうおまけもあったしね。(笑) 村東: 大どんでん返しきましたからね。(笑)その後、出来上がって一人で乾杯しました。(笑) 新田:  あーゴメン、乾杯、打ち上げしてなかったね。 村東: いいんです、また改めて乾杯してください。 便利帳が完成、特にどんな人に見てもらいたい? 新田:  出来上がりとしては自分としてはどうですか。 村東: 完璧です!(笑) 新田: 今回、便利帳の責任者として、CBNのミーティングで出たいろいろな意見を調整していくのは、周りからは分からない苦労があったと思いますが。 村東: そうですね。CBNのメンバーの意見が違って、それぞれいい意見があって。アイデアがありすぎて「これじゃまとまらないな」っていうのがあったので、そこは責任者の特権を使わせてもらって、ちょっと枝葉の部分は勝手に自分で整頓させてもらったところはあります。それとやっぱり一人だとアイデアが限られるので、いろんな意見もらって本当に助かりました。もし一人だけで作ったらホント面白くないものだったと思います。 新田: せっかく作った便利帳ですが特にどんな人に見てもらいたいですかっていうベタな質問しようと思うんだけど。 村東: 今は留学しても親子留学とかで低年齢化してたりするじゃないですか。それで親も子も、何も分からないまま来る人が結構多いと思います。なので、そういう人に特に、クライストチャーチでどんなお店があるとか、もう全然分からない人にはすごく便利じゃないかなと思います。 新田: じゃあ留学生の人たち、特に親子留学の方にはお勧めしたい? 村東: はい、そうですね。 新田: 改めて便利帳の完成おめでとうございます、本当にお疲れ様でした。今日はありがとうございました。 村東: ありがとうございました。 村東みやこさんのプロフィールはこちら 村東さんが編集責任者として制作した、暮らしの便利帳は下からダウンロード、親子留学の方に特にオススメ!
Read More
CBNとの関わりや便利帳について/暮らしの便利帳、編集長に聞きました、その3

ニュージーランド起業から次のステップ/暮らしの便利帳、編集長に聞きました、その2

CBNが作った暮らしの便利帳はメンバーの村東みやこさんが編集責任者として作られました。村東さんはNew Zealand Classicの代表として日本からの車の輸入、またクラッシックカーの取引、輸出入などをされています。 村東さんの今の会社 今回のブログは、村東さんがニュージーランドに来て起業、現在に至るまでの経緯、CBNとのかかわりや便利帳が出来上がるまでの話をインタビュー形式で3回に分けておとどけします。 2回目はニュージーランドでクラッシクカーに出会ってから、またこれからやりたいことなどを伺っています。 クラッシックカーとの出会い 新田: MAIAX(前の会社名)の歴史を見ていると、ある時、急にクラシックカー(旧車)に転換したように感じますがその辺はどうですか? 村東: クライストチャーチに限らず、ニュージーランドの車は結構飽和状態で、車屋さんも多いし、私のような仕事してる人が多いというのもあるんですが、実はオーストラリアのある人から突然、今こっちにこんなクラシックカーがあるんだけど「そっちで売れない?」っていう飛び込みの電話があったんですよ。 新田: それは日本人? 村東: そうです、オーストラリアに住む日本の方です。たまたまイエローページを見てコンタクトしたのが私の会社だったのですが、日本人がやっていると知らずに電話をしたら、いきなり日本人が出て「えー!」っていう出会いがあったんです。それが「オーストラリアにこんなクラシックカーがあって売れないかな?」という電話で、「じゃあ私のお客さんに聞いてみます」って言ったらものすごい反響だったんですよ。 新田: それいつ頃の話? 村東: 多分、2009~10年くらいかな、それでものすごい反響があって、こんなに人気あるんだ!という所からスタートしたんです。最初はクラッシクカーをニュージーランド人向けとか、日本に向けてとかでやっていたんですが、そのうちニュージーランドの人から「こういったクラシックカーを持っているけど。」っていう話が来るようになったんですよ。 新田: クラシックカーやっている不思議な日本の女性がいるからちょっと電話してみよう、みたいな? 村東: そう!日本に売っているらしいよっていうのが広まって。だから自分から開拓してというより、お客さんのほうから提案をもらってという感じで。 新田: でもそういうチャンスをパンと捕まえてちゃんとビジネスとして進ませてるよね。 村東: そうですね、やったら反応があったので面白かったっていう感じですかね、最初は。 新田: 面白いことを追いかけていったらうまく転がっていったっていうことだ。 村東: そうです、そうです。 新田: 起業する人ってお金どうこうより、これって面白そうって、そっちの方にたまたま向いていったら、 村東: 勝手にお金がついてきたっていうパターン、 新田: 向こうからついてくることが多いよね。 村東: そうまさにそんな感じですかね。 新田: それで今は日本から輸入と、こっちからクラシックカーの輸出っていうのをメインにしているんだ。 村東: そうですね。それもやりつつ、うん。なかなかできないけどやりたいことは凄くありますけど・・・ これからやりたいこと。 Youtubeで放映中の番組でNZ通信のコーナーを担当、こんな事もしています! 新田: なるほど、じゃあやりたいことの中で今言えることはどんなこと? 村東: 何も新しいことじゃないです。今、私がクラッシクカーを扱っているのは、日本とニュージーランドとちょっとオーストラリアの三国間だけなんですけど、クラシックカーって言うのは世界にじわじわ広がりつつあります。もともとクラシックカーを好きな人っていうのは、凄く狭い範囲ではどこの国にも居ますけど、その狭い範囲がだんだん広がっているような気がして。だから、日本からとかニュージーランドからに拘らず、実は全世界行ったり来たりする物なんです。 新田: はい。 村東: 例えばスカイラインGTRが、以前は日本にあったけど今、ニュージーランドに来てます、ニュージーランドからオーストラリアにも行けば、ヨーロッパでも人気があるので、ヨーロッパに飛びます、で次に日本にはいいGTRが無いので買い戻すとかっていう感じでぐるぐる回るんです。そこのお手伝いが出来たらいいなーと。 新田: ネットもあるし、Webでもミーティングができるから、別にどこに居ても出来るし、世界のクラッシックカー市場を一気に牛耳る人になるかもしれないね。 村東: なりたいけど(笑)、ただいろんなリスクの問題があって慎重に進めないと中々出来ないですけどね。 新田: クラシックカーの事だったら「ニュージーランドクラシックに聞け」みたいな話になるようにね。 村東: そう言ってもらえると(笑) これからニュージーランドで起業する人へ。 新田: これからニュージーランドで起業したい人にアドバイスがあったらお願いします。 村東: うん、難しいなあ。やっぱり情報じゃないですかね。情報取りあえず出来るだけ沢山集めるといいと思います。私はそれが足りなかったので一杯損をしました。もっと色々な人の話を聞いて、物事を選択して行くってことをもっとしておけば良かったなあと思います。 新田: 何かを始めるときに情報収集が足らない人が多いって聞いたことがある、自分で思っている10倍以上しないとダメだって。 村東: 私も本当にそう思います。 村東みやこさんのプロフィールはこちら その3に続きます。 村東さんが編集責任者として制作した暮らしの便利帳は下からダウンロード
Read More
ニュージーランド起業から次のステップ/暮らしの便利帳、編集長に聞きました、その2

最新ブログ

おすすめ記事

ガイド

相川 壮史

相川 壮史

留学エージェント/EduKIWIニュージーランド留学センター

新田 直人

新田 直人

医療、生命保険アドバイザー/
AIA Financial Services Network Ltd.

西田 涼子

西田 涼子

不動産コンサルタント/
Harcourts Holmwood Real Estate Ltd

スレイマン セクマン

スレイマン セクマン

大工・建築 /Toryo House LTD.

高岡 倫子

高岡 倫子

弁護士事務所/Currie Lawyers Limited

村東 みやこ

車輸出入・販売・修理・車検/
ニュージーランドクラシック New Zealand Classic

フィッシャー 正子

フィッシャー 正子

食品販売、果樹園/
夢里ファーム(Yumesato Farm)

加藤 岳

加藤 岳

Natural therapist(ナチュラルセラピスト)/Lucky’s

松崎

松崎 一広

宿泊業、ライター /Minna House B&B, Writer for Gekkan NZ

Christchurch Business Network

ブラウン 佐和子

美容/lashdivine

新飯田 晃

新飯田 晃

ホームページ制作/iStyle Systems

益山 和之

益山 和之

会計士

ピーターズ 直美

ピーターズ 直美

モーテルマインダー(元モーテル経営)/Kiwi the Cat Motel Minder

TOPへ