ニュージーランドで車の運転をする前に知っておきたい事

ニュージーランドは人口が少ないせいか、公共交通が余りなく、車の移動が必要なことが多いかもしれません。ここで車を運転する前に知っておきたいいくつかの事をまとめてみました。 基本的なルールなど 幸いな事にニュージーランドは日本と同じ左側通行です。基本的なルールは色々ありますが、このブログで書くよりもNZTA(New Zealand Transport Agency)という政府機関が発行している日本語の運転ガイドを見た方がより正確だと思います。交通ルールだけでなく、運転免許に関することや、一般的な運転の注意なども記載があるのでぜひご参照を。 NZTA発行のニュージーランド運転事情 以降は、ガイドに載っていない、ニュージーランドのドライブ事情を書いてみます。 ニュージーランドで車を運転するときに知っておきたい事 ニュージーランドで運転するときに知っておきたい現地事情をまとめてみます。すべてが法律・交通ルールという訳ではありませんが、知っていると役立つTIPSです。 ガソリンスタンド・早めの給油を ガソリンスタンドはPetrol Stationと呼ばれています。ほとんどスタンドがセルフ方式で、満タンはFILLと書かれたボタン、それ以外はXXドル分のガソリンといった形で入れる量を指定します。またスタンドによってはスーパーマーケットと連携して買い物額に応じてもらった割引チケットが使えるところもあります。 ある程度の大きさの街にはスタンドがありますが、それでもスタンドが50キロ以上無いようなことも多いので郊外に出るときには早めの給油をしてください。また地方では夕方や週末には営業をしていないスタンドもあるので気を付けてください。 街の間を通る幹線国道の運転 ニュージーランドの都市部以外の幹線国道(State Highway)は片側一車線で最高時速100キロところが多いので十分注意して運転してください。慣れない内の車の追い越しは、時折出てくる追い越しレーン(Passing lane)を使う方が無難です。また路面に小石なども多く車間距離を十分取らないと、跳ね石などでフロントガラスにヒビを入れてしまうことがあります。 特にレンタカーを借りるときはこういった傷やヒビがあるか十分確認して、チェックシートに書き込むように伝えてください。また自分で写真やビデオを撮っておくのも方法です。 有料道路の払い方 ニュージーランドのモーターウェイ(Motor Way)と呼ばれる高速道路は無料ですが、北島のオークランド、タウランガの一部の道路は有料です。料金所は無く、道路にあるカメラがナンバーを認識、それを基にNZTAのウェブサイトで支払うようになります。支払いはクレジットカードで簡単に出来ます。 http://nzta.govt.nz/roads-and-rail/toll-roads/ 予め登録して事前に支払うことや複数回の登録・支払いもできます。一方で期日(5日以内)を超えても払わないとエキストラでお金がかかるので注意してください。 スピード違反 ニュージーランドのスピード違反の取り締まりはかなり厳しく、4キロ程度のオーバーでも捕まる事があります。特に休日を含んだ連休やクリスマス、イースターのシーズンは事故が多くなることもあり特に厳しい印象です。もちろんカメラによる取り締まりもあるのでぜひ安全運転を心がけてください。 バス専用レーン 都市によってはバス専用レーンがあり、朝夕のラッシュ時の時間指定されたレーンから終日専用のレーンまで設定されています。このレーンは緑色に路面が塗装されていてビデオカメラを使った取り締まりも良く見かけるので注意してください。 車上荒らし、車のロックを忘れずに 夜間や日中でも人気の少ない駐車場など車上荒らしが頻繁にあります。ロックを忘れないのはもちろんですが、車内に貴重品を残さない、また窓ガラス越しに見える位置にカバンなどを置かず座席の下に隠しておくことをお勧めします。 郊外での夜間の運転 幹線道路でも街を出るとほとんど、街灯がありません。知らない真っ暗な道を100キロのスピードで走るは結構怖いものです。夜間の運転に慣れていない方は日中の運転がお勧めです。 動物の飛び出し 特に郊外に出ると、鳥や小動物が飛び出してくることが良くあります。100キロで走っているところに急ブレーキを踏むのはかなり危険なので十分注意して下さい。特に夜間は車のライトをめがけてウサギが突っ込んでくることがあります。 郊外の未舗装道路 ニュージーランドの郊外にはまだまだ未舗装の道路があります。(Metal Roadと呼ばれることも)この道の運転は十分注意してください。制限速度は100キロの場合もありますが、これは100キロで走っても安全という意味ではなく、路面は滑りやすくカーブや急ブレーキなどで事故を起こすことが多くなっています。特に夜間は街灯もないのでスピードの出し過ぎは厳禁です。 楽しいドライブを 運転するときに色々注意したいことはありますが、一方でニュージーランドはドライブ旅行に向いている国でもあります。どうぞ安全運転で楽しい旅行を。レンタカーを借りるときはCBNの暮らしの便利帳も参考にしてみてください。
Read More
ニュージーランドで車の運転をする前に知っておきたい事

ニュージーランドで仕事探し

ワーキングホリデーなどの方がニュージーランドで「どうやって仕事を探すか?」はいつも悩ましい問題だと思います。 仕事を探すに時に必要なもの まず仕事探しに必須なアイテムをご紹介します。 履歴書(CV)を用意 仕事探しにはやはり履歴書を用意した方が良いでしょう。履歴書は一般的にCV(Curriculum Vitae)と呼ばれています。日本の様に決まった書式があるわけではなく、フォーマットは自由です。ただ自由なのはあくまでフォーマット(ひな形)で、最低限必要な内容はあります。 ●氏名、性別、住所、電話番号など基本情報 郵送の場合、日本の名前だと性別が分からないので性別も必須です。 ●ビザの種類 ニュージーランドでは外国人なので、働くことのが出来るビザをもっていることは明記した方がよいでしょう。 ●職歴 職歴には「Job Title(職位)」・「Company(勤務先)」・「Period(期間)」・「Job Description(職務内容)」を時系列順に書いてください。実際の書き方はGoogleなどで 「cv Sample」といった感じで検索すると沢山出てくるのでご自身にあった職歴にあわせて参考にすれば良いと思います。またどんな短期間でも経験は出来るだけ書いた方が良いですね。 ・学歴 これはどんな学校を出たかというより、実際にどういった専門知識や技術を得るための勉強をしたかを重視するようです。なので学校を卒業することで得た資格も含めて書きましょう。 ・趣味や特技 これは必須ではありませんが、自分がどういった人物であるかを知って貰うために書いても良いと思います。特にボランティアの経験があれば職歴と同じように時系列で書くことをお勧めします。 リファレンス リファレンスは紹介状とでも言った方が良いでしょうか、CV上の学歴や職歴などを確かめたり、人となりを確かめたりするのにとても重要です。絶対に必要なものではありませんが、ある方が確実に有利です。また会社によってはそのレフェリー(リファレンスを書いた人)に直接連絡がいくこともあります。CVにレフェリーとしてその方の名前・職業と連絡先を記載するの良いでしょう。特に以前の仕事の上司などは良いと思います。 ただニュージーランドに来たばかりでレフェリーがいない人は英語学校の先生やホームステイ先のホストなんかにお願いしても良いかもしれません。またカジュアル(アルバイト的)な仕事だと必要ない場合もあります。 カバーレター 日本の履歴書でいうと応募動機と言ってよいかもしれません。要は自己アピールで、「なんでその仕事に応募したか」・「自分を雇うことで雇い主にどんなメリットがあるのか」・「自分はどういった人なのか/長所」などを記入します。嘘を書いてはいけませんが、かといって控えめに書く必要はありません。(かえって、マイナスです。)少し大げさでも良いので精一杯、自己アピールをしてください。ただ書いた英文はネイティブスピーカーや語学学校の先生、ホストファミリーに文法やスペルミス、内容などをチェックしてもらうことをお勧めします。 仕事はどこで見つける? いくらCVやカバーレターを用意しても応募先が無ければ話になりません。具体的な仕事を探すにはどうすればよいでしょう。 インターネットを活用する トレードミーのJOB リンクはこちら トレードミーはもともとヤフオクのNZ版みたいなサイトでしたが、だんだんと発展して今では求人情報が載っています。 NZdaisuki.comの掲示板=求人・求職 リンクはこちら 日本人の中ではよく知られた情報サイトです。日本語で応募できるところも多く、NZに来たばかりで英語に余り自信がない時にも良いかもしれません。また求人に限らず色々な情報が満載です。 口コミと飛び込み 仕事を見つけるには実はこれが一番の方法かもしれませねん。口コミからの紹介だとある意味上のレフェリーの部分を飛び越えることもあり有利です。また飛び込みもかなり強力です。人を募集したいけれどまだ求人を出していないお店などは意外と多く、自分の経験・職歴にあうような所にCVをもってどんどん飛び込むと意外と仕事は見つかるもの。以前、日本で車の板金をやっていた人が、英語が全然だめなのにも関わらず、ガレージに飛び込み、その場で板金の腕前を見せたところ即採用、翌日から仕事に来るように言われたなんて人もいました。 仕事探しのヒントがひそむ暮らしの便利帳 CBNが作った暮らしの便利帳はクライストチャーチのローカルが利用するお店、日本語が通じるお店が多く載っています。これは日本語が話せることが有利に働く可能性があります。また日本で培った技術や能力、例えば美容師の方なら美容室、料理人の方なら日本食レストランなど日本での経験が活かせる場所が見つかるかもしれません。これをヒントにCVを持って飛び込んでみると、仮にその場で採用されなくても履歴書を預かってくれたり、その店の横のつながりで求人情報が手に入るかもしれません。 便利帳はクライストチャーチの情報ですが、ほかの都市でも同じようなディレクトリがあるかもしれません。それをヒントに職探しが案外と近道かも。 暮らしの便利帳は下記からどうぞ。
Read More
ニュージーランドで仕事探し

クライストチャーチ発 レンタカーで行く小旅行 5選 2019年版

ニュージーランド南島観光の中心地、クライストチャーチからの日帰り・一泊程度のレンタカーで行く小旅行を5つ選んでご紹介します。 1:テカポ(Lake Tekapo)へ一泊旅行 テカポは近頃素晴らしい星空を楽しめる場所として知られています。ぜひ一泊して星空を堪能してください。 1-1:テカポへの道・基本情報 クライストチャーチからの距離:約250キロー270キロ 所要時間:おおよそ3時間-3時間半 行き方:その1 State Highway 1(1号線)を南に向かって進みます。アッシュバートンの街を抜けてさらに25-30分ほど進みランギタタ(Rangitata)を過ぎたら右折してGeraldine/Mount Cook方向79号線に入ります。79号線をFairlieまで進んだら8号線にぶつかるのでここを右折して、Tekapo/Mount Cook方向に進みます。 途中の場所、Geraldineにはちょうど道沿い公衆トイレがあります。 行き方:その2楽しみ 73号線を西方向に進み、West Meltonを通り過ぎたら77号線をHororata/Mt Hutt方向に進みます。途中で72号線が出てくるのでGeraldine方向に進みます。Geraldineで79号線にぶつかるのでそこから先はその1と一緒です。 運転の注意:その1はクライストチャーチからの最短距離で、直線部分も多く慣れない土地でも運転がしやすいかもしれません。その2は若干距離が長く時間がかかりますがInland Scenic Root内陸部のニュージーランドらしい景色が楽しめます。明るい時間の運転ならば行きはその1、帰りはその2というのもアイデアです。もし暗くなってからの運転ならその1をお勧めします。公衆トイレはアッシュバートン(Ashburton)、 ジェラルディーン(Geraldine)、フェアリー(Fairlie)などにありますが、ジェラルディーンが道沿いで一番わかりやすいかもしれません。 1-2:テカポの楽しみ方 テカポはかなりポピュラーな観光地になり、色々と楽しめるようになりました。 まず宿泊するのであれば、有名になった星空を楽しむのがお勧めです。街はずれに出れば美しい星空が広がり、時間が経つのを忘れる素晴らしさです。現地にあるツアー会社、Earth&Skyからマウントジョンの天文台を含むツアーが出ていますので、ごれに参加するのも良いでしょう。専門的な知識をもったガイドさんと一緒のツアーは楽しさも深くなるのでは。 日中はテカポ湖でのカヤックといったアクティビティ、ウォーキング、釣りなどアウトドアを楽しめます。天文台のあるマウントジョンの頂上からテカポ湖を一望できる景色もお勧めです。通行料(一台8ドル 2019年6月現在)が掛かりますが車でも行けますし、ふもとから歩いて登ることもできます。 Earth&SKy社のホームページ 2:アカロア(Akaroa)へ日帰り旅行 アカロアはクライストチャーチから東に進んだバンクス半島の街。ここはニュージーランドでも珍しいフランスからの入植者が作った街で、建物や道路の名前にその面影を強く残しています。 2-1:アカロアへの道・基本情報 クライストチャーチからの距離:約90キロ 所要時間:おおよそ1時間半 行き方:State Highway 75(75号線)をひたすらまっすぐ進むと到着 運転の注意:途中の街、リトルリバーには公衆トイレがあります。またここからアカロアまでは峠を越える道でカーブが多いので注意してください。 2-2:アカロアの楽しみ方 アカロアで有名なアクティビティはアカロア湾のクルーズです。湾内なので比較的揺れは少なく、ヘクタードルフィン(イルカ)、ブルーペンギン、アザラシや数多くの海鳥を目にすることや海からしか見ることが出来ない、洞窟や火山が作り出した様々な景色を楽しむことが出来ます。 アカロアハーバークルーズのホームページ もっとアクティブにという方はイルカと泳ぐツアーもあります。世界最小の野生のヘクタードルフィンの中を泳ぐツアーでっす。ホームページによるとイルカとの遭遇率は97%、、イルカと泳ぐことができる率は83%あるそうです。もしイルカを見ることが出来ない3%に入ってしまった場合は50%の返金、イルカが見えても泳げなかった14%の方は25%の返金があります。(2019年6月時点) またこのツアーは人数に限りがあるので必ずご予約を。 スイミングウィズドルフィン 3:ハンマースプリングス(Hanmer Springs)で温泉を満喫 ハンマースプリングスは温泉の街、クライストチャーチに住んでいる人の身近な人気リゾートです。泊りでも良いですがそれほど距離が無いので、日帰りで温泉に入って楽しむの良いかもしれません。 3-1:ハンマースプリングスへの道・基本情報 クライストチャーチからの距離:約150キロ 所要時間:約1時間40分 行き方:一号線を北上、50分ほどいったワイパラ(Waipara)の分岐で7号線に入ります。そのまま7号線を進み、途中の分岐で7Aをハンマースプリングス方面へ 運転の注意:トイレ休憩は途中のCulverdenが良いと思います。 3-2:ハンマースプリングスの楽しみ方 ハンマースプリングスの有名なアクティビティはサーマルプール、温泉です。日本とは違い水着を着て入るちょっとプールに近い部分はありますが、暖かい温泉を楽しむ、マッサージやスパなどでリラックス、ウォータースライドで遊ぶなど色々な楽しみ方があります。サーマルプール以外にも森林ウォーク、乗馬などアクティブに過ごすことも。 4:カイコウラ(Kaikoura)でホエールウォッチ カイコウラはホエールウォッチで世界的に有名な街。陸地から 4-1:カイコウラへの道・基本情報 クライストチャーチからの距離:約180キロ 所要時間:約2時間30分 行き方:クライストチャーチから1号線を北上していきます。 運転の注意: カイコウラ手前にカーブの急な山道があるので注意して運転してください。 4-2:カイコウラの楽しみ方 カイコウラは何といってもホエールウォッチング、このツアーは世界的に有名です。ここでは海岸線から1km程度の比較的近い所場所に800m以上の深い谷があり、マッコウクジラにとって絶好のえさ場で年間通してクジラを見ることができる、ホエールウォッチには絶好の場所で世界中からクジラを見るために観光客が集まってきます。見学のためのボートは一日数回出ていますが、人気のツアーでもあるので事前に予約をした方が無難です。また天候によってはかなり揺れることがあるので、食事をとる前にツアー参加すると良いかもしれません。クジラが尾を跳ね上げる姿を生で見ると感動もひとしおです。 ホエールウォッチカイコウラ 5:オアマル(Oamaru)でペンギン体験 オアマルはペンギンコロニーとオアマルストーン造りの建物で有名、ここは是非一泊で出かけたい街です。 5-1:オアマルへの道・基本情報 クライストチャーチからの距離:250キロ 所要時間:約3時間15分 行き方:一号線を南に下っていきます。 5-2:オアマルの楽しみ方 オアマルは近くで産出されたオアマルストーンまたはホワイトストーンと呼ばれる石灰岩で建てられた美しいビクトリア様式の建物で有名です。街の一角はまるで19世紀に戻ったような街並みです。 またペンギンコロニーも有名で、日暮れ時に一斉に巣に帰ってくるブルーペンギンを見学できるコロニーは入場料を払ってでも見る価値があります。(帰巣時間がだいたい決まっているので必ず事前にチェックしてください。)この街はまだあまり日本人には知られていない穴場だと思います。 ブルーペンギンコロニー また少し足を延ばせばモエラキボルダ―と呼ばれる不思議な丸い石が転がる海岸を見に行くのも楽しみ方の一つです。 レンタカー会社などがリスティングされたクライストチャーチ暮らしの便利帳も併せてご活用ください。ダウンロードは下記より。
Read More
クライストチャーチ発 レンタカーで行く小旅行 5選 2019年版

クライストチャーチ植物園

カンタベリー博物館の隣、この植物園も広大な面積を誇るハグレー公園の一部として親しまれています。 クライストチャーチ植物園(ボタニックガーデン) 市民の憩いの場でもあるクライストチャーチ植物園について概要や楽しみ方をご紹介してます。 4-1:クライストチャーチ植物園の基本情報 開園時間:7am-6:30pm 入場料:無料 4-2:ニュージーランドネイティブの植物 植物園として様々な植物が展示、育てられています。季節に係わらず色々な花を楽しめたり、ニュージーランドを象徴するシルバーファーン(ラグビーのオールブラックスのマークでも有名!)もここで見ることが出来ます。寒い冬でもいくつかの花は咲いていますし、温室を覗いてみるのも良いと思います。また季節によってはバラ園も見どころの一つ。本当にたくさんの種類のバラが植えられガーデンシティと呼ばれるクライストチャーチらしい観光スポットです。 温室の開場時間:10am-4pm 4-2:ビジターセンターとカフェ 園内にはビジターセンターとカフェもあるので、散策の途中で一休みするのも良いですし、まずここで情報収集してから園内をまわってみても良いですね。 ビジターセンターの営業時間:9am-4pm 4-3:ガイド付きツアー 植物園ではボランティアガイドによるガイド付きツアーを行っています。毎日1:30pmに博物館横の入り口を出発、約1.5時間のウォーキングツアーです。料金は10ドル予約は必要なく直接集合場所へ行けば参加できます。英語だけですが、ここにある植物について深い知識を持つガイドさんとめぐるとより楽しいのでは。 このツアーとは別に電気式のシャトルに乗って園内を巡るツアーもあります。楽に園内をまわりたい方にはピッタリのツアーです。所要時間は50分ほど。クリスマスを除く毎日運行です。料金は大人20ドル、子供9ドル。予約や詳細は下記のページをチェックしてください。 Botanic Garden Tour ご注意:2019年7月3日現在の情報です。 4-4:クライストチャーチ観光に役立つ暮らしの便利帳 CBNの発行する暮らしの便利帳ではクライストチャーチ植物園だけでなく、色々な観光スポットをリスティングしてご紹介しています。ぜひクライストチャーチの旅のお供にご利用ください。 ダウンロードは下記から。
Read More
クライストチャーチ植物園

和太鼓グループ=巧=のコンサートが8月にあります。

クライストチャーチに住んでいる日本人の方なら和太鼓グループ巧の名前を一度は耳にされたことがあるのではないでしょうか。 今年も定期演奏会が8月に開かれます。 数年前から毎年、オーロラセンターで開かれている巧のコンサートが今年も開かれます。 日時 8月10日 19:00~21:00 場所 オーロラセンター(バーンサイド高校内) チケット:チケテックからのみ購入できます。 大人20ドル 子供10ドル。 (手数料が別途かかるので友人同士などで出来るだけまとめて買った方がお得みたいです。) 詳細は下記のページにもあります。 フェイスブックのイベント―ページ https://www.facebook.com/events/614396945630466/ 単純な太鼓のリズムだけのコンサートではなく、例年、工夫を凝らした動きも含めたパフォーマンスが魅力です。 巧の活動はもう12年目になります。 巧は元々、カンタベリーの日本語補習校の生徒を中心として結成され、2017年に10年目を迎えました。今まで、年末のクリスマスインザパークの出演や、ラグビーチーム、クルセイダースのオープニングパフォーマンスを務めるなど実力派の和太鼓グループとしてカンタベリーの日本人グループとしてはもっとも名前が知られているのでは。 その他カンタベリージャパンデイや色々なイベントでも目にする機会はありますが、披露されるパフォーマンスは一部にすぎません。巧のメンバーが全力を注いでそのパフォーマンスを見ることが出来るのはこのコンサートだけです。 2:便利帳にも載っています。 便利帳にはこういった日系のグループの連絡先などもリスティングされ、和太鼓だけでなく、コミュニティグループや日本人会にも色々な集まりがあります。もし興味があればぜひ便利帳をご覧ください。巧のメンバーになって次回のコンサート出演を目指すことも! ダウンロードは下記から。
Read More
和太鼓グループ=巧=のコンサートが8月にあります。

最新ブログ

おすすめ記事

ガイド

相川 壮史

相川 壮史

留学エージェント/EduKIWIニュージーランド留学センター

新田 直人

新田 直人

医療、生命保険アドバイザー/
AIA Financial Services Network Ltd.

西田 涼子

西田 涼子

不動産コンサルタント/
Harcourts Holmwood Real Estate Ltd

スレイマン セクマン

スレイマン セクマン

大工・建築 /Toryo House LTD.

高岡 倫子

高岡 倫子

弁護士事務所/Currie Lawyers Limited

村東 みやこ

車輸出入・販売・修理・車検/
ニュージーランドクラシック New Zealand Classic

フィッシャー 正子

フィッシャー 正子

食品販売、果樹園/
夢里ファーム(Yumesato Farm)

加藤 岳

加藤 岳

Natural therapist(ナチュラルセラピスト)/Lucky’s

松崎

松崎 一広

宿泊業、ライター /Minna House B&B, Writer for Gekkan NZ

Christchurch Business Network

ブラウン 佐和子

美容/lashdivine

新飯田 晃

新飯田 晃

ホームページ制作/iStyle Systems

益山 和之

益山 和之

会計士

ピーターズ 直美

ピーターズ 直美

モーテルマインダー(元モーテル経営)/Kiwi the Cat Motel Minder

TOPへ