クライストチャーチの新観光名所 エイボン川を歩くプロムナード

クライストチャーチの特徴の一つは、何と言っても街の中心部を優雅に流れるエイボン川(Avon River)です。 この川沿いに遊歩道が完成し散策できるようになったので、先日(12月中旬)、実際に歩いてみました。最後にこの散策コースとその周辺観光スポットを地図にまとめて掲載します。 これまで回り道せずに全行程を歩くことができなかった川沿いが、カンタベリー地震を機に復興事業として開発整備され、ようやく完成しました。その名もプロムナード(Promenade) 。 東はマーガレットマーヒ公園から西は公立病院まで。徒歩30分ほどの距離です。 とても気持ちのいい散策路に出来上がっていて、歩行者だけでなく、自転車、ベビーカーを押すカップル、スクーター、車いすの人達までたくさんの人が楽しんでいました。両岸に大きな並木があったり、アヒルやカモが水遊びをしていたり、どこをとっても優雅な姿を見せてくれました。 全行程を歩きたい人で現地まで車で行くという場合は、マーガレットマーヒ公園付近の方が比較的駐車スペースを見つけやすいと思います。 それでは散策開始! マーガレットマーヒ公園 (Margaret Mahy Family Playground) からマンチェスターストリート(Manchester Street) を渡ると、真新しい石畳の遊歩道が始まります。遠く左手にはニューリージェントストリート (New Regent Street) やザ・ピアノ(The Piano) が見えます。 コロンボストリート(Colombo Street) を渡ると今年初めにリフレッシュオープンした、ビクトリアスクエア (Victoria Square) に入ります。緑の中を少し歩くと右手に修復中のタウンホール(Town Hall) が見えます。タウンホールの修復が終わると、その傍らを流れるエイボン側にある噴水もまた復活することでしょう。 ビクトリアスクエア内を、カジノの方に抜ける橋を横目に見ながら左に曲がるように歩くと、アーマーストリート(Armagh Street) 側にでます。このアーマーストリート沿いで目にするのは、バニラアイス、通称「アイスクリームチャーリー」。普通のアイスクリームとは一味違っていて、わざわざ遠くからこれがお目当てで来る人もいるほど。この日も行列ができていました。 アーマーストリートを渡ると、大きなクレーンと共に、大規模な工事現場を目にします。建設中のコンベンションセンター(国際会議場)。クライストチャーチの地震前のコンベンションセンターは、ロケーションなどの条件が素晴らしく、利用しやすいと評判だったのですが、少し狭いのが難点でした。カンタベリー地震で、解体を余儀なくされたのを機に、少し場所を変えホテルやレストランなども整えた大規模施設として、復興計画に盛り込まれました。このクライストチャーチの経済活動には欠かせない施設が完成すると、もっと活気が戻ってくることと思います。 ウスターストリート(Worcester Street) に出ると左手遠くに大聖堂が見えます。来年早々には、修復作業の第一弾として、地震後すぐに取り付けられたスチールの支えが外されます。その作業をするクレーンがそろそろやって来るそうです。 この角にある、カンタベリー地震以来の姿をそのままに残すこのビルは、1887年に建てられ、クライストチャーチの歴史的建造物の中でも最も古いもののひとつです。市庁舎として建設、利用され、その後、商工会議所、観光局などが利用、2002年に市役所の持ち主になって以来、カンタベリー地震で被害を受けるまで、イベントや展示会場などとして利用されていました。 そして、この建物をずっと眺めているのが、道を挟んで反対側に立っている、キャプテンスコット像です。 更に歩くと、左手ににぎやかな建物が見えてきます。まとめてザ・テラス (The Terrace)。地震前はストリップスと呼ばれていたあたりです。いろんな人気レストランやバーが集まっていて賑わっていました。この辺りは、エイボン川に向かって土手に石段が設けてあり憩いの場になっています。そして、その先に追憶の橋(Bridge of Remembrance)。 また、地震後コンテナを駆使して作ったショッピングセンター、Re:Startのあった場所に建設中なのが、ファーマーズマーケットの施設。完成予定は来年前半だそうです。 ウスターストリートからここザ・テラスのあるところまでは、トラムの線路沿い。トラムが通ると、通行人と乗客やトラムのドライバーがお互い手を振ったり、いい雰囲気を醸し出していました。 ここからケンブリッジテラス(Cambridge Terrace) (ダーラムストリート (Durham Street) )を渡ると、カンタベリー地震のメモリアル(Canterbury Earthquake National Memorial) が見えてきます。歩道から川の土手までスロープで降りていくと、川沿いに大きな白い壁。そこに地震で亡くなった方々のお名前が記されています。 モントリオールストリートを渡ると、パンティング乗り場(ボートシェッド) (Panting
Read More
クライストチャーチの新観光名所 エイボン川を歩くプロムナード

春のレシピ。梅わさびマヨアスパラとハムロール

ニュージーランドで春になると見かけるアスパラロール 春のニュージーランドのアスパラは最高に美味しい。ゆでたり、いためたり、焼いたり、天ぶらにしたりと、いろいろとありますが、私はこの時期になるとニュージーランドで初めて見た、アスパラロールを食べたくなるのです。 普段、白い食パンはあんまり食べませんが、このレシピにはふわふわの柔らかい出来立ての食パンが最高。それにこっちのオリジナルはバターとマヨネーズくらいですが、私は、パンに、梅ペースト、ワサビまたは和からし、マヨネーズを和えてぬります。アスパラはゆですぎないのがコツですね。ハムを巻くとさらに一味違います。でも、まずはアスパラだけで旬の味をお試しくださいませ。 無添加の夢里ファームの梅干しペーストは熟成されたうまみ成分たっぷりの梅干しで作られています。 お問い合わせは、masako.f@xtra.co.nz または、FACEBOOK夢里ファームのお問い合わせをご利用ください。
Read More
春のレシピ。梅わさびマヨアスパラとハムロール

クライストチャーチからテカポ湖へ

「これで完璧!クライストチャーチおすすめ観光地リスト50& 地図」の記事の中で、「クライストチャーチから日帰り、又は1泊程度する観光地として人気の町」の項目でいくつか候補をあげました。その中でも特に世界的に人気のある町がテカポ湖です。 実際には町ではなく、村。人口は400人ほど。そこに毎日4000人の観光客が訪れるのだそうです。 お目当ては何といっても真っ青な湖。 その奥には雄大なサザンアルプスがそびえるという、まさに絵葉書のような美しい景色を眺めることができます。湖のこのミルキーブルーは、「氷河が削った岩石の粉が溶け込んでいるために青緑色をしている(Wikipedia)」のだそうです。 テカポと言えば星空ですね。 空気が乾燥していること、また、晴天率が高いこと、その他、地形などのいろんな条件が重なって、天体観測に適した場所として注目され今に至っています。 手が届きそうなところにちりばめられた星たち。また、北半球では見ることのできないスケールの天の川も見どころ。 村全体で明かりを制限しているので、夜になると他の町より断然暗く、広大な星を見ることができます。また、星空ツアーに参加すると、ガイドさんから詳しい説明を聞くことができ、肉眼だけではなく大型望遠鏡で眺めるという経験もできます。 Mt John Observatory (マウントジョン天文台) Mt Johnは海抜1031メートル、テカポ湖の村近辺が海抜700メートルほどなので300メートルほどの小さな山です。その頂上にある天文台は現在カンタベリー大学が運営し天文学などの研究で使用する施設で、星空ツアーなどにも利用されています。日中は一般にも開放されており、頂上まで行くと360℃見渡せる景色に圧倒されること間違いありません。 善き羊飼いの教会と牧羊犬の像 1935年に建てられたこの教会はテカポの湖畔にぽつんと建っています。背景には先述の湖とサザンアルプス、また、夜には世界一と言われる星空。絶景です。 そのすぐそばには牧羊犬の像。開拓時代に、コリー犬たちが牧場の境界から羊が逃げ出さないようにするという重要な仕事を担っていたのですが、農夫たちが「この犬が無しにはこの土地での発展はなかった」ということで、彼らをたたえて1968年に建てたのだそうです。 このほかにもいろんな見どころ・アクティビティがそろっています。 テカポスプリング ホットスプリング、スパ、星空ツアー、冬はアイススケート、夏はスノーチューブ など。 冬はスキー テカポを拠点にスキーをするのも人気のアクティビティ。日帰りできる主なスキー場が3か所あります。 サイクリング A2O (Alps to Ocean Cycle Trail) ニュージーランドは全国にサイクリングコースがありますが、ここテカポはA2O (Alps to Ocean Cycle Trail) の出発点。マウントクック、またはテカポを出発してオアマルまで306キロのコースです。詳しくはこちら。https://www.alps2ocean.com/ マウントクック マウントクックへは、片道車で2時間ほどです。日帰りする、または、ここからクイーンズタウン方面へ向かう途中で寄ることができます。 その他にも。。。 ヘリコプターでサザンアルプスを堪能、ゴルフで優雅に過ごす、乗馬体験。。。 いろいろ盛りだくさんです。。 宿泊施設 最近観光地としての知名度がどんどん高くなっているため、宿泊施設の確保は早めにすることをお勧めします。 ホテルから、モーテル、バックパッカーズまでいろいろそろっています。 カフェ・レストラン・バー・お土産 日本食からストーングリル、タイ料理、ピザなどなど、小さな村とは思えないほど豊富にそろっています。 スーパーマーケット 大抵小さい村にあるスーパーマーケットと言えば、Four Square。日本の小さなコンビニという感じです。 が、テカポは違います。2017年7月に、それまでのFour Squareが場所をかえて大きくなってオープン。 品ぞろえは豊富です。奥の冷凍コーナーは角が窓ガラスになっていて、ぜいたくな風景が眺められます! 近い将来のテカポの姿 さて、これだけ観光地として知名度が軒並み上がっているテカポ湖。当然、訪れる人の数もものすごい勢いで増えています。 今までののどかな田舎の村…という訳にもいかないのですね。 宿泊施設や公衆トイレの不足など深刻な問題も抱えています。 現在(2018年10月)、テカポ湖のほとりには2軒の建物が建設中です。 一つは、YHA。そしてもう一軒が星見ツアーを手掛けるアース&スカイの施設です。 いずれも来年前半にはオープン予定。 それぞれ、テカポ湖の重要な観光拠点になる事が予想されています。(写真は建設中のYHAとその予想完成図) クライストチャーチからドライブ シーニックルートがお薦め。 ニュージーランドらしい素晴らしい景色が期待できるルートです。 途中の見どころなどを含め、後日別の記事として書きたいと思います。
Read More
クライストチャーチからテカポ湖へ

スマホのバッテリーの寿命を延ばすポイント

ほとんどの方は携帯電話、もしくはスマートフォンを使われていると思います。 今のIT社会の中で、iPhone、Androidなどのスマートフォンは生活必需品という方も多いのではないでしょうか。 そんなスマートフォンやタブレットをはじめ、あらゆるモバイル機器に搭載されているパーツがバッテリー。仕事がら、パソコンをはじめ、いろいろなIT機器を扱うことが多いので、その バッテリーを長く保つためのメンテナンス方法や正しい使い方をシェアしたいと思います。 一般的なスマートフォンに搭載されているバッテリーはリチウムイオン電池です。平均的な寿命は使用環境によりますが、一般的に2-3年といわれています。 ひと昔前のバッテリーは電池を使い切ってからフル充電するのが良いといわれていましたが、リチウムイオン電池は違います。リチウムイオン電池の場合は、電池を使い切る前に充電するのが正しい使い方。過度な振れ幅(100%→0%)はバッテリーに負荷がかかり劣化に繋がるというのが理由です。 また、高温環境での保管や充電も劣化を早めると言われています。 バッテリーの推奨使用環境は約5℃~27℃ということなので、夏場に車中に放置したり、強い日差しが当たるところに長時間置きっぱなしにするのは注意したほうがよいと思います。 あと、睡眠中のスマホの充電。 過充電もバッテリーによくないとよく言われますが、これはある程度は大丈夫だということです。 過充電が良くないのは本当ですが、現在のスマホには過充電を防止する機能が内蔵されています。発熱の問題もあるので長時間ケーブルを繋ぎっぱなしにするのは避けたいですが、スマホ自体にこういった機能がついているとありがたいですね。 ここまでバッテリーの寿命を延ばす方法をいくつかご紹介しましたが、やはりバッテリーは使用状況や期間の経過とともに劣化するものです。 ある程度バッテリーの消耗が早くなったら、機種ごと買い替えるか、バッテリーを取り替えたほうが幸せになれると思います。
Read More
スマホのバッテリーの寿命を延ばすポイント

ニュージーランド留学フェア

ENZ(EDUCATION NEW ZEALAND/ニュージーランド教育省の留学を扱う部署)とニュージーランド大使館が共催にて、 東京において、ニュージーランド留学フェアを開催します。 日程と場所 東京 、日本 2018年 9月30日(日) 1.00pm - 5.00pm 六本木アカデミーヒルズ 基本的にはニュージーランドの学校を紹介するものであり、留学エージェントは 参加しておりませんが、ニュージーランドの学校をよく知る上では、良い機会です。 EDUCATION NEW ZEALAND ウェブサイト https://www.studyinnewzealand.govt.nz/jp/nzfair ほぼ毎年開催されていますので、今後も時折チェックされているとご都合が宜しい時に、 参加できるかもしれません。 ご参考になれば幸いです。
Read More
ニュージーランド留学フェア

最新ブログ

おすすめ記事

ガイド

相川 壮史

相川 壮史

留学エージェント/EduKIWIニュージーランド留学センター

新田 直人

新田 直人

医療、生命保険アドバイザー/
AIA Financial Services Network Ltd.

西田 涼子

西田 涼子

不動産コンサルタント/
Harcourts Holmwood Real Estate Ltd

スレイマン セクマン

スレイマン セクマン

大工・建築 /Toryo House LTD.

高岡 倫子

高岡 倫子

弁護士事務所/Currie Lawyers Limited

甚尾 浩美

甚尾 浩美

弁護士/カナンガラトムソン-弁護士事務所

村東 みやこ

車輸出入・販売・修理・車検/
ニュージーランドクラシック New Zealand Classic

フィッシャー 正子

フィッシャー 正子

食品販売、果樹園/
夢里ファーム(Yumesato Farm)

加藤 岳

加藤 岳

Natural therapist(ナチュラルセラピスト)/Lucky’s

松崎

松崎 一広

宿泊業、ライター /Minna House B&B, Writer for Gekkan NZ

Christchurch Business Network

ブラウン 佐和子

美容/lashdivine

新飯田 晃

新飯田 晃

ホームページ制作/iStyle Systems

益山 和之

益山 和之

会計士

ピーターズ 直美

ピーターズ 直美

モーテルマインダー(元モーテル経営)/Kiwi the Cat Motel Minder

TOPへ