クライストチャーチ ビジネスネットワーク
Christchurch Business Network - CBN -
ニュージーランド クライストチャーチ地震 復興情報(9月9日)

ニュージーランド観光局のウェブサイトにアップされた海外向け渡航者情報を転載しました。

  • クライストチャーチは先週土曜日に襲った大型地震から急速に復興しつつあります。
  • クライストチャーチ市中心部への不急不要の訪問を自粛するよう求める勧告は現在解除されています。
  • クライストチャーチ市内の98%の観光関連業者が平常通り営業しています。国内のその他の地域では地震による影響はみられません。
  • クライストチャーチ市中心部のごく一部の地域は安全面を考慮し現在も封鎖されています。バーやレストラン、ショップは営業を再開し始めています。
  • 地元の観光関連業者は安全第一で営業しています。営業が再開されている業者は安全が確認されているとお考えください。
  • クライストチャーチ&カンタベリー地方観光局のウェブサイト www.christchurchnz.com には、営業が再開されている宿泊施設、交通機関、アクティビティ催行業者のリストが掲載されています。
  • クライストチャーチ&カンタベリー地方観光局のウェブサイト www.christchurchnz.com およびニュージーランド政府観光局のウェブサイト www.newzealand.com ではクライストチャーチに関する情報を毎日更新しています。
  • クライストチャーチもしくはカンタベリー地方への旅行を予約している旅行者には、キャンセルをせず、不安なことがあれば取扱い旅行会社と連絡を取るように呼びかけています。
  • バスおよび鉄道はほぼ通常通り運行されています。
  • 各種メディアが最悪の事態を取りあげて報道するのは無理もないことです。日本の旅行者および旅行会社は現地オペレーターと直接連絡を取り、 www.christchurchnz.com/what-to-see-and-do/earthquake-images.aspx を参照して実情を把握することをお勧めします。
  • 公共の安全確保のため、非常事態宣言は9月15日水曜日正午までひき続き発令される予定です。これにより必要があれば特別な権限により建物、その他インフラの安全性を確認することができます。
  • クライストチャーチ空港は国際線・国内線とも、平常通りに発着しています。
  • 今回の地震により2名が重傷を負いましたが、現在は両名とも順調に回復しつつあります。
  • クライストチャーチ&カンタベリー地方観光局では地震情報を提供するホットライン 0800 423 783 (国内フリーダイヤル)を開設しています。ニュージーランド国外からは +64 3 379 9629 もしくは +64 3 353 5990 へお電話下さい。大聖堂横のi-SITEビジター・インフォメーション・センターも営業を再開しています。
  • クライストチャーチ空港内のi-SITEビジター・インフォメーション・センターは平常通り営業しており、電話での問合わせにも応じています。電話番号は+64 3 353 7044(海外から)もしくは 0800 568 369(国内フリーダイヤル)です。
  • 専門家によると、余震の頻度や規模は徐々に減少していくとのことです。マグニチュード6ほどの大規模な余震が起きる可能性は残っているものの、時間が経過するにつれその可能性も低くなるとのことです。

役に立つウェブサイト

  • 各観光関連業者の営業状況についての最新情報は、www.christchurchnz.com/what-to-see-and-do/activity-earthquake-update を参照してください。
  • 今回の地震に関する最新情報は、www.newzealand.com/earthquake でも定期的に更新されています。
  • 今回の地震に関する公式情報は、www.canterburyearthquake.org.nz に掲載されています。
  • 国内報道機関による地震のニュースは、www.stuff.co.nz や www.nzherald.co.nz で閲覧できます。

留学生

  • 現在のところ、国際留学生に関わる事故や事件などは教育省に報告されていません。
  • 留学生は受入れ側のしっかりとした対応を受けています。クライストチャーチおよびカンタベリー地方に滞在している数名の留学生は、滞在先の被災状況により別の場所に移動しています。留学生は必要に応じて代わりの宿泊先の提供やカウンセラーによるサポートを受けています。

主要イベント(ラグビー・ワールドカップを除く)

  • クライストチャーチで行われるイベントに参加する予定がある場合は、イベント主催者に状況をご確認ください。
  • 国内他地域で行われるイベントには影響ありません。
  • その他イベントに関する情報は www.majorevents.govt.nz を参照してください。


ラグビー・ワールドカップ

  • ニュージーランドでは今から1年後にラグビー・ワールドカップ2011が開催されます。クライストチャーチで行われる全試合を含め、大会全てが計画通り進められる予定です。
  • スタジアム・クライストチャーチは建築構造技術者によって安全が確認されています。グラウンドのフィールドにも地震の影響はありませんでした。
  • ラグビー・ワールドカップ2011大会運営委員会では自然災害をリスクのひとつと想定し、このような災害による混乱にも対処できるよう対策を整えています。

ビジネス

  • ニュージーランド国内のビジネスは通常通り行われています。被災地以外の地域に地震の影響はありません。
  • クライストチャーチのビジネスも通常通り行われています。クライストチャーチ国際空港の運営も平常通りです。港湾施設も通常通りに機能し、ほとん どの運輸機関の接続も通常通りに機能しています。同地域を拠点とする大多数の輸出業者が輸出業務も円滑に進められていると報告しています。

転載元:ニュージーランド観光局 震災に関する現状報告(2010年9月10日)